喰っちゃあいかんのか?: 喰っちゃあいかんのか?:カマス







釣キチちゃんの・・・
「喰っちゃあいかんのか?」

釣り好き釣キチガイのサラリーマンがお送りする・・
変 食 探 訪  !
喰っちゃあいかんのか?PARTU(ここからPARTUへ行けるよ)
カテゴリー数(100)オーバーの為、PARTUを立ち上げました!



     最大規模を誇るインターネット小売販売アマゾン
  
2015年10月17日

高鮮度なヤマトカマスの刺身

晩秋のヤマトカマスの刺身 (16).jpg 晩秋のヤマトカマスの刺身 (1).jpg

喰っちゃあいかんのか? へようこそ!

今日の食材は 「ヤマトカマス」です。
ヤマトカマスはスズキ目カマス科のお魚。

高知県は大月町の近所の海には晩秋になると、このヤマトカマスがやってくる。

キビナゴの小さいのが回遊するからだ。
エサがいなければやってこない。

ごく普通の原理さ。

この時期、近所の岸壁に夕マズメだけ釣りに出かける。
へ?常に釣りに行っている?

いやいや、決してそんな事は・・・あるかもしんない。

このヤマトカマス、回遊にムラがある。

キビナゴの移動が予測できないから、そのキビナゴに着くヤマトカマスも予測できない。

過去の実績から判断し、その場所で竿を振るのだ。
群れの回遊と夕マズメが重なれば・・爆釣・・・か?

ところで、このヤマトカマス、アカカマスとよく比較されアカカマスより低い評価を受ける事が多い気がする。

おいらは同時に食べ比べた事が無いので評価は出来ないが・・・
そんなに違うか?

塩焼きにしても、そこそこに美味しいと思うけど。
おいらは弱い者の見方だぁ!

店頭に並ぶカマスはイケテナイ姿の場合が多い。
漁獲地から遠ければ遠いほどそうなのだろう。

ま、想像ですがね。
しかし、自分で釣れば鮮度の問題は無い。

釣り場から調理開始までの時間や保存状態にもよるでしょうが。
でも、ここはヤマトカマスが釣れる場所まで車で2分。

へ?そんな距離なら自転車で行け?
寒いからやだもん。

ウキッ!

さて、今回のヤマトカマスはそんな近所の岸壁で釣獲したものです。

な、なんと!
2匹しか釣れなかった・・・・かなすい。

晩秋のヤマトカマスの刺身 (1).jpg

さあ、せっかく高鮮度なのだから刺身にしよう。
あ、評論家さんは1日寝かすんでしたっけ?

晩秋のヤマトカマスの刺身 (2).jpg

まずはウロコを落としましょう。
表面が乾燥していなければ簡単に落ちます。

晩秋のヤマトカマスの刺身 (5).jpg

店頭で販売されているものはウロコが残っていないかもしれませんね。

ちなみに、ヤマトカマスとアカカマスは非常によく似ています。
一般的な見分け方は、背鰭と腹鰭の位置でしょうか?

背鰭と腹鰭の付け根の位置がほぼ同じなのがヤマトカマス

晩秋のヤマトカマスの刺身 (3).jpg

で、頭を落しますよ。

晩秋のヤマトカマスの刺身 (6).jpg

そして、内臓を抜きます。
何だかスッキリした内臓ですな。

晩秋のヤマトカマスの刺身 (7).jpg

ボラやコノシロとは大違いです。

内臓を取り除くと浮き袋が見えます。
この白っぽいヤツ。

晩秋のヤマトカマスの刺身 (8).jpg

なんか特徴的です。

取り除きましょう。
すると、こんな感じ。

晩秋のヤマトカマスの刺身 (9).jpg

キレイに洗います。
おおお、美しい。

晩秋のヤマトカマスの刺身 (10).jpg

高鮮度な魚は捌きやすくもある。
特に、小型の魚はその傾向が強い。

イワシの類なんかもそうだよね。
手開き以外。

時間が経過すると、内臓まわりがヘタりお腹まわりはグズってきます。

その多くは刺身にする気にならない状態。
だから、このような魚達の生食は産地ならでは等となる?

さらに、これが小型化するともっとすさまじい。
まだ若いイワシなんて半日でヘタる。

生食どころか、下ごしらえに苦戦する。

このような魚は店頭に並ぶ頃にはドロドロになってしまうだろう。

だから、店頭に並ぶ事はまず無い。

はい、スッキリしました。

晩秋のヤマトカマスの刺身 (11).jpg

3枚におろします。

晩秋のヤマトカマスの刺身 (12).jpg

腹骨をすき取ります。
身肉に透明感がありますね。

晩秋のヤマトカマスの刺身 (13).jpg

体側の骨は骨抜きで抜きます。

晩秋のヤマトカマスの刺身 (14).jpg

抜けます。
頭の方に向かって抜くのがコツです。

そして、皮を引きましょう。

晩秋のヤマトカマスの刺身 (15).jpg

ここでも鮮度の良さが感じ取れますな。

あとは、適当に切りつけます。
はい、出来上がりました。

晩秋のヤマトカマスの刺身 (16).jpg

さあ、さっそく頂きましょう!
もんぐもんぐ・・・もんぐ・・・・

んまいっ!

心地よい歯触りに歯ごたえ。
鼻腔を抜ける刺身の香り。

なんかこう、白身魚と高鮮度な青魚を足して7割くらい白身魚に偏った感じの味わい。

表現し辛いなぁ。

んごっ!

レシピブログに参加しました!
ありきたりかい?


刺身のこと知りたかったら、これを読むべし。
さしみの科学―おいしさのひみつ (ベルソーブックス)


探せば図書館にもあると思うよん。

下記↓から他の家庭料理男の料理のブログが探せます!
料理旨いもん大好きな方は必見!

カテゴリー別になっていて、好みのブログが探しやすいです。
一度ご覧になった方も、応援でクリックしていただけるとうれしいです!

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ ←クリックしてみなっせ!

皆さんいろんなブログを作成されてます。
参考になりますよ!

本を買うならアマゾン。
中古本(マーケットプレイス)もあり、中には1円〜なども。
本屋で買う前に必ずチェックだ!!
その他の商品も充実!
検索欄にキーワード入れてGO!


日本最大級のショッピングモール楽天。
安心してお買いもの出来ます。


リンクシェアのアフィリエイトなら報酬1円から振込み!そして、振込み手数料も取られません! リスク無しどす!
アフィリエイトならリンクシェア

0スポンサードリンク


posted by 釣キチちゃん at 09:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 喰っちゃあいかんのか?:カマス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
アウトドア&フィッシング ナチュラム アウトドア&フィッシング ナチュラム