喰っちゃあいかんのか?: 淀川産 キチヌの刺身







釣キチちゃんの・・・
「喰っちゃあいかんのか?」

釣り好き釣キチガイのサラリーマンがお送りする・・
変 食 探 訪  !
喰っちゃあいかんのか?PARTU(ここからPARTUへ行けるよ)
カテゴリー数(100)オーバーの為、PARTUを立ち上げました!



     最大規模を誇るインターネット小売販売アマゾン
  
2008年09月05日

淀川産 キチヌの刺身

淀川産キビレ.jpg 淀川産キビレ (素材).jpg

今日の食材は 「キチヌ」です。

知っていますかキチヌ。

ここ関西ではキビレと言い、淀川ではルアーでの釣りの対象魚となっています。

今回はその淀川産のキチヌです。
スーパーデンジャラス。

全国でも有数の汚染されている河川です。
非常に汚い。

周辺に住む生物たちが一生懸命浄化してくれているが、とても追いつかない。

人間はゴミは拾っても、水質の浄化には興味は無いようだ。

河川のコンクリ化には金は出しても、水質の浄化には一定基準以上の金は出さないようだ。

何が川をキレイにだ。
よくそんな立て看板出せるもんだワイ。

まあ、関西人はあれが普通と思っているから彼らはそれで満足なのだろう。

さて、そんな環境に生息しているキチヌは一体どんな味なのだろう?

スズキ同様汽水域を好むこの魚。
果たして喰えるレベルなのか?

過去淀川のスズキを食しましたが、食品としてはまったく成り立たないレベルでした。

ではさっそく捌いていきましょう。
調達したサイズは25cmほど。

小さい?
うるちゃい!!

淀川産キビレ (内臓).jpg

内臓は普通です。
そりゃそうか?

淀川産キビレ (鮮度).jpg

肉の状態は透明感が残り、鮮度は悪くない。
そりゃあ、自分で釣りましたから。

ウロコとり、頭落とし、内臓だしが終ったら内臓部分の背中側をよっく洗っておきます。

淀川産キビレ (頭おとした).jpg

さあ、3枚におろして行きます。

淀川産キビレ (2枚おろし).jpg 淀川産キビレ (3枚おろし).jpg

そして、腹骨をすき、皮を引き、体側の骨をすき取ればサク取り完了です。

淀川産キビレ (サク).jpg

そぎ切りにし、皿に盛り付け完成です。

さて、そのお味は・・・・
喰えないほど臭くは無いですな。

わずかに香る汚染水のニオイ。

食感としては、コリコリとしたものではなく、少しねっとりとしている。

まあ、汚染魚でも気にならない方はどんぞ。

継続した摂取は避けたほうがいいですよ。
特にお子様には。

以上! 体を張った報告でした。

下記↓から他の家庭料理男の料理のブログが探せます!
料理旨いもん大好きな方は必見!

カテゴリー別になっていて、好みのブログが探しやすいです。
一度ご覧になった方も、応援でクリックしていただけるとうれしいです!

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ  にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ ←クリックしてみなっせ!

皆さんいろんなブログを作成されてます。
参考になりますよ!

今日の逸品.bmp

サケの加工方法に「山漬け」というものがあります。
本来の「山漬け」加工を施したものは通常の新巻サケの2倍の旨み成分があるという。
北海道標津産 番屋鮭


アフィリエイトならリンクシェア
【喰っちゃあいかんのか?:クロダイ属の最新記事】
posted by 釣キチちゃん at 07:00 | Comment(23) | TrackBack(0) | 喰っちゃあいかんのか?:クロダイ属 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりでございます。
自分は落とし込みもやるんですが、よく名古屋から大阪には行きました。
で北港のチヌを一枚持って、刺身にした事があるんですが、輪ゴムを食べてるのかと思うぐらい、臭かったのを覚えいます。
旨いチヌもいるとは思いますがあれ以来、食ってないです。
一昨日、和歌山にてヒラの84センチ釣りました、ちょっと嬉しかっです、来年はアカメに自分もチャレンジしようかなぁ〜っと思います。
Posted by けん at 2008年09月06日 12:03
けんさん 久しぶりです。
ヒラスズキの84cmとはなかなかの大物ですね。おいらはそんなでかいヒラスズキは釣ったことないです。
是非アカメの衝撃も体感してください。
ちなみに、84cmのヒラスズキは河口ですか?磯ですか?
Posted by 釣キチちゃん at 2008年09月06日 20:39
河口のナイトですよ〜、近くのサーフでも、ちょっと小さいですが57センチが出ました。
小さい方はアラを素焼きにして、味噌汁にブッコミました、油もかなりあって上手かったです。
Posted by けん at 2008年09月06日 22:24
何処の釣り人だ!?
チヌは根魚だから食べても美味しく無いに決まってるでしょ。
現在は鮎も遡上し、淀川シジミはデパートで売られている程の物。
少し匂い
するのは淀川匂という伝統的な香りです。キビレを食べて、淀川の全てを否定するような言い草はやめなさい。
そして大阪の人を悪く言うなら、あなたが水質の向上を少しでも努力すればいいんじゃないですか?
今努力している方々
失礼ですよ。
Posted by at 2010年05月01日 22:40
???さん
コメントありがとうございます。
また古い記事への反応ですねぇ。
まずチヌ=根魚?
根魚の定義って特別ありませんが、全国のチヌ師は根魚って概念は無いでしょう。
また美味しくないってのもおかしい。
季節や漁獲エリア、水質、また漁獲してからの時間経過や保存方法、調理方法など、さまざまな要因があります。
最終的に各自の体験によってインプットされるのかも知れません。
http://fishing-forum.org/zukan/syokuhtml/SYK000023_1.htm
???さんの喰ったチヌは不味かったのでしょう。ま、個人的にも産卵期のチヌはイマイチな感じはしますが。
ちなみに、この記事の魚はチヌではなくキチヌなのですが・・・
淀川についてというか、都市型河川についてはその流入エリアには多くの住人がおり、排出される排水の量は地方のそれとは比較にならないでしょう。人口が多いから当たり前と言えば当たり前。大阪府の下水道普及率は89.1%(全国平均:69.3%)、大阪市ではなんと?100%で優秀ですな。ちなみに東京都は98.4%です。
大阪府もがんばっているようです。
http://www.epcc.pref.osaka.jp/kanri/seihai/
下水処理場も配置されていますが、現実として淀川河口域でのCOD値は高めな数値。
大阪湾では毎年水質調査が行われ、その推移を確認しています。http://www.kkr.mlit.go.jp/plan/suishin/suishitutyosa/index.html
CODやBODの数値だけで判断するのもいかがかとは思いますが、1つの指標にはなります。
人口が集中している都市で湾に面した海域は押しなべて良好とは言えない状況。
そのエリアの浄化能力では浄化しきれていない状態。
環境省では化学物質に関する調査も行われています。
http://www.env.go.jp/chemi/kurohon/2005/http2005/body2.html
PCBなども当然のように各地で検出されています。単に家庭排水等の有機物の状態だけでなく、河川や海洋に流れ込む化学物質にもアンテナを張る必要があるってことですね。
PCBについてはこんな資料もあります。
http://www.env.go.jp/chemi/kurohon/http2002s/sec5_2.html
亜鉛についても。
http://www.byq.or.jp/kikou/fund/seika_h21/05_shinya.pdf
そして、底泥の状態も気にする必要があります。
http://www.teu.ac.jp/urase/research/teisei.pdf
大型台風などで海中がかき回され、沈殿していた物質が攪拌されちゃいますからね。
水質汚濁の解消には流入量を減らことと、一方で浄化作用を持つ環境を回復させる必要があります。場合によっては取り除くって手もありますが。(その後の行き先が問題ですが)
しかし、河川のコンクリ化は止まることなく継続され、自然海岸も経済効率を優先されどんどん減少しています。
生物が生息しにくい環境になれば当然にその個体数は減少し、河川や海の浄化能力は失われていきます。
河川の浄化対策を行う一方で、上記のような経済効果優先的な動きも多い。
根本解決には、経済効率や人間の利便性を度外視してでも回復させる必要があるでしょうが、この大きな経済の流れは止まらない。
あと、淀川のシジミについて調べて見ました。わざわざ土砂を入れたり努力なさったようですね。失礼しました。また宍道湖や宮崎からの移植であったことも初めてしりました。明石のマダコみたいなもんですね。ブランドや市場価格に関する記述が短時間では確認できませんでした。
教えていただければ幸いです。
ちなみに、個人で行っている水質汚濁防止は極力洗剤を使わない。使う食器は最小限。出された食事は残さず食べる。調理した魚は極力骨まで食べる。シンクには必ずゴミ受けアミ装着・・・ちっぽけな男です。
また、色々とご指摘ください。
今回は漠然と認識している内容の再確認の機会になりました。
ありがとうございました。


Posted by 釣キチちゃん at 2010年05月02日 16:12
淀川で釣った魚を食べられないかな、と思ってたどりつきました。
大阪市淀川区民です。
「非常に汚い」
「スーパーデンジャラス」
は言い過ぎと思います。
実際、淀川のキビレ食べている人もいますし、漁業組合もあります。ウナギも上がります。
この20年ほどでの水質浄化は著しいです。
http://www.osakashigyokyo.or.jp/
淀川に生まれ育った身としては、この記述は辛いです。
Posted by うどん at 2012年07月16日 23:21
うどんさん、こんばんわ。
コメントありがとうございます。
私は水質汚濁が子供の頃から非常にキライでした。
なぜ人はここまで水質汚濁に無関心なのか?まったく理解できませんでした。
表面上は水をキレイにだとか、表示やCMなどありましたが、実務的に大がかりに水質汚濁への取り組みを行った所を見たことがありません。
個人や地元住民で改善可能な次元ではないと考えております。
単に、水質の改善といった話では北九州市戸畑区の洞海湾の水質改善の話などありますが、私の理想はボラが美味しく頂ける環境です。
淀川のボラ、美味しく頂けますか?
ボラが美味しく頂ける環境を実現するのは非常に難しいかとは思います。
しかし、ボラは本来美味しい魚なのに環境が悪いが故に様々な要因で着臭し、臭くなってしまう。
しかも汚した張本人である地域住民が”ボラは臭い”などと言う。
自分自身も片棒かついでいるのが葛藤なのですがね。
せめて”ここのボラは臭い”と言ってほしいものです。
私は様々な地域に住んだり行ったりした事があります。
西日本中心ですが、過去の記憶をたどると下記のようになります。
福岡県福岡市博多区、北九州市小倉区、北九州市戸畑区、山口県下関市、光市、柳井市、兵庫県三木市、高砂市、姫路市、たつの市、網干区、揖保郡、相生市、赤穂市、明石市、神戸市、芦屋市、西宮市、尼崎市、加西市、舞鶴市、福知山市、豊岡市、淡路島全域、京都府舞鶴市、宮津市、滋賀県長浜市、野洲市、大津市、鳥取県鳥取市、米子市、安来市、島根県松江市、出雲市、い大田市、江津市、浜田市、広島県広島市、尾道市、三原市、福知山市、笠岡市、岡山県岡山市、倉敷市、玉野市、静岡県静岡市、焼津市、御前崎市、浜松市、富士市、沼津市、三島市、下田市、伊東市、熱海市、千葉県浦安市、八千代市、袖ヶ浦市、木更津市、富津市、館山市、鴨川市、勝浦市、いすみ市、金剛市、千葉市、石川県金沢市、富山県黒部市、、東京都小笠原村、大阪府大阪市、貝塚市、泉佐野市、和歌山県有田市、御坊市、白浜町、三重県鳥羽市、徳島県徳島市、鳴門市、阿南市、香川県高松市、新居浜市、愛媛県松山市、高知県宿毛市、大月町、土佐清水市、四万十市、須崎市、土佐市、高知市、南国市、香南市、安芸市、室戸市、奈半利町、東洋町、大分県大分市、別府市、宮崎県宮崎市、日向市・・・・通過しただけってのを含めるとまだあります。
様々な特性の海域や淡水を見てきましたが、やはり人口の多い所は押しなべて汚いですね。
特に淡水で良好な水質ってのは難しい。
まあ、何をもって汚いと言う話もありますが。
人が水質汚濁の原因であることに間違いはありません。
記事の表記、表現については私個人の感想です。
共感する方もいれば、反感を持つ方もいる。
「そんなに汚濁が嫌いなら田舎に住めば?」って事で現在は高知県の大月町に住んでおります。

以下は「大阪湾再生行動計画」の中の「平成20年11月 大阪湾再生行動計画(第1回改訂版)(PDFファイル)」の「U.大阪湾の水環境の現状」の「3.まとめ」(P9)の抜粋です。
http://www.kkr.mlit.go.jp/plan/suishin/kaigi/pdf/081201honbun.pdf
 
3.まとめ
以上、大阪湾の水環境の現状をまとめると、大阪湾沿岸域の地形は後背地における社会経済活動の発展に伴い大きく改変され、昭和初期までに広く存在した浅海域や自然海岸は大幅に減少し、市民が海と触れ合うことのできる親水空間や生物多様性を確保する上で重要な干潟や藻場が失われてきた。また、大阪湾は、集水域に大きな人口・産業集積を有する閉鎖性海域であるため、陸域からの汚濁負荷の流入が大きい上に汚濁物質が蓄積しやすい状況にある。このため、過去に流入した栄養塩類を含む底泥が厚く堆積するとともに、窒素、りんなどの流入により富栄養化が進行しており、赤潮の発生など海域でのCODの内部生産によって水質汚濁が特に湾奥部において慢性化している。
大阪湾における環境基準の達成状況の推移を有機汚濁の代表的な指標であるCODで見ると、昭和49年度から平成18年度までの33年間の達成率は、昭和56年度を除き67%で横ばい状況であり、いずれの年度においても全国ベース(海域)に比べると低い水準にとどまっている。赤潮の発生状況については、平成18年では大阪湾で17件となっており、平成14年以降、年による増減はみられるものの概ね横ばいに推移している。
夏季には大規模な貧酸素水塊の発生も見られ、湾奥部から東部海域を中心に水産生物など生物生息に多大な影響をもたらしている。
その他、浮遊・漂着等ごみが環境保全上重要な問題となっているなど、大阪湾全体の環境の悪化が見られ、さらには住民のパブリックアクセスの制約や埋立地における未利用地の発生も解決すべき問題となっている。
Posted by 釣キチちゃん at 2012年07月22日 20:12
カナダから、読んでます。 大阪此花出身です。子供のころ、雨上がりの後、キビレを、よく素手で、捕まえたものでした。 淀川産 キチヌの刺身 のブログを読んで 笑わせていただきました。体を這った記事大好きです。毎日時間のあるとき読ませてもらいます。 はい、あなたの大フアンです。 一目ぼれではなく、一記事ぼれです。
Posted by 真弓 at 2012年08月10日 23:55
真弓さん、おはようございます。
カナダから?コメントありがとうございます。今後もよろしくお願いいたします。
この記事・・・2008年の記事なのですが、2012年になってもコメント頂くんですよね。
きっと今後もご意見頂くことでしょう。
おほっ。
Posted by 釣キチちゃん at 2012年08月11日 05:28
わざわざ淀川で魚をつって食べたあげくに、汚染魚とかドブ川とか、大阪を貶めるな。
きれいな水が好きならきれいな水の魚だけ食べていれば良かろう。

実際に淀川の魚を普通に食べている人がこれを読んでどう思うか、考えているのか?
自分の郷土を口汚く罵られて平気だと思うのか?

言葉の暴力にほかならない。
Posted by ぷ at 2012年08月22日 15:34
ぷさん、こんばんわ。
コメントありがとうございます。
淀川で釣った魚を食べようが、食べまいが私の自由です。
興味が沸けば、その好奇心に応じ行動するだけです。
個人的に基本的には東京湾奥や大阪湾奥の魚は購入しません。
淀川のキチヌを食した時の感想は感じたままに表現したもの。
また、淀川のスズキを食した時の感想も感じたままの表現です。
”継続摂取を避けた方が良い”また”汚染魚”とは、H13年の環境省の「PCB総量調査結果」において淀川河口で捕獲したスズキから240,000pg/g-wetのPCBが検出された結果を受けてのものです。
36調査地点中ワースト3位です。
ワースストは川崎市の川崎港(530,000pg/g-wet)で2位は横浜市鶴見川(280,000pg/g-wet)。
数値が一番低いのは、福井県(笙の川)のウグイで3,200pg/g-wet。
淀川のスズキはその75倍の数値。
たまに食べる分には大きな影響は無いとは思います。
ただ、PCBは食物連鎖等による生物濃縮があると言われています。
PCB濃度の高い物の継続摂取は避けるべきかと。
大人は自分の意思で食べますが、子供は与えられた物を食べる。
胎児も同様に母親が食べた物の影響を受ける。
私なら子供には食べさせません。
実際に食べさせておりません。
なお、自分の故郷の河川や海域が実際に数値として悪い状態であれば”非常に汚い”などと表現されても、それは事実なので”確かに汚い”と思うことでしょう。
Posted by 釣キチちゃん at 2012年08月22日 20:29
淀川は琵琶湖からまた京都奈良からの川のゴミ、ヘドロの最終地で汚いのは当然です。大阪だけの問題ではないんです。関西全体で協力して綺麗な美味しい魚の食べれる川にしてほしいです
Posted by at 2014年06月17日 03:26
コメントありがとうございます。
私も、全国の河川、湖沼、沿岸海域が綺麗になれば良いと思います。
しかし、個人では日々の生活で精いっぱい。
漁協を始めとする組織もお金が無ければある程度の事しか取り組めない。
水質が改善しても、経済効果が低ければどこからもお金は出ません。
河川、沿岸、湖沼等の環境や水質は経済効果を度外視し、膨大な費用と時間をかけなければ改善しません。でも、どこもお金は出しません。よって改善は非常に難しいでしょう。
一方で、メダカがいなくなっただの、ニホンウナギの生息数減少要因の1つに河川等の環境悪化がどうのこうの言っている。
自分達で、土建屋にお金を流してコンクリ化していったんでしょうに。
今後は、コンクリ河川を自然”風”に変える工事を行う為に土建屋にお金が流れるかも知れませんね。
要するに、大きなお金を動かせる人達の中に本気で環境改善する気のある人はいないって事ですね。
経済効果の無いものにお金は出せない。
これが本音でしょう。
Posted by 釣キチちゃん at 2014年06月17日 10:27
はじめまして。08年の記事にコメント失礼します。
河口のチヌが食べれるかどうかを探し、たどりつきました。山口県光市に住んでおられたとのことで。今度光市の大きな川の河口でチニングしようかと考えておりました。
このブログを読んで試しに少量でも食べてみる決心がつきました。ありがとうございます。

話は変わりますが、現在私山口県周南市に住んでおります。海が近く釣り場がたくさんある。かと思いきや工場が非常に多く釣り場は限られしかも「あの辺りの魚は食べない方がいい」と言われるほどです。
釣りしてても工場の臭いが気になるレベルです。
工場勤務の友人曰く「昔に比べれば良くなっている」とは言いますが、まず食べないですよね。
ボラが美味しく食べれる水質。環境。
そうなると良いですね。
Posted by つのり at 2014年08月06日 08:42
つのりさん、おはようございます。
昔、光市に住んでました。
でも半年くらいでした。
釣場をくまなく探り尽くす事も出来ずに終わりました。
光市の河川と言えば、島田川ですかね。
あそこの河口にもスズキを求めて何度かルアーを投げました。
しかし、釣れませんでしたね。
引っ越した後に雑誌で、島田川河口の右岸側のサーフでのチヌの渚釣りが紹介されてました。サーフからのチヌのふかせ釣りで爆釣してました。それこそウン十枚。
季節を記憶していないので、年中釣れるか存じませんが調べてみるといいかも知れません。
ちなみに、工場には恐らく公害防止管理者が存在し、一定の基準を満たした状態で排水されているかと思うのですが、実際の現場では色んな事が起きているのだと思います。
Posted by 釣キチちゃん at 2014年08月06日 09:10
思い込みの激しいし人ですね。それら国のデータは味には影響しない汚染度の度合いです。
川は常に流れ、排水はきちんと処理され、大阪の水道水はそのまま飲めるほど日本でも高いレベルです。
Posted by at 2014年10月10日 00:45
そうですね。
私は思い込みが激しいんですよ。
おっしゃる通りです。
魚介類の着臭要因は多岐にわたるので、特定の物質のみが影響するとは限りませんもんね。
シンプルに味わいの話だと、記事やコメント中にあるようにキチヌはわずかに香るかな?くらいでした。
スズキについてはかなり激しいものでした。
これは、思い込みではなく体験ですね。
ただ、当然に個体差もあるでしょうから、その全てに同様の着臭があるのかは存じません。
大阪の水道水は、単に処理技術の飛躍的な向上より、その水質が良くなった認識なのですが、取水する河川水の水質が向上したのでしょうか?
Posted by 釣キチちゃん at 2014年10月10日 08:53
何々産とか書いて記事にするのはちょっと^^;そこに住んでる人の気持ち考えろよ。あと3行でよろしく長い。
Posted by at 2014年10月15日 09:52
淀川の水はそのままのめますよ。毎日汲みにいってます。汲んだ水は側溝に流し、また汲みにいってます。案外美味しいので是非飲んでみてください。
Posted by at 2014年12月26日 16:40
淀川と言っても、色んな場所があると思うのですが、どの辺りのお水なんでしょう?
Posted by 釣キチちゃん at 2014年12月26日 21:36
河口からおよそ50mほど歩いたところにあるコンビニの水ですね。一度御賞味あれ。
Posted by at 2015年01月14日 12:27
いつも大阪湾のチヌ
食べてます( *´ω`)
普通にコンビに弁当とか
コーラ飲むより
体には優しいと思いますが・・・。
Posted by at 2017年05月07日 02:54
コメントありがとうございます。
あくまで個人的な意見ですので、気にならない方も居てしかりです。
私は積極的に食す事はありません。
コンビニ弁当はほとんど喰いませんね。
コーラは月に1回くらい飲みますでしょうか?
そんな感じです。
Posted by 釣キチちゃん at 2017年05月07日 03:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105241643

この記事へのトラックバック
アウトドア&フィッシング ナチュラム アウトドア&フィッシング ナチュラム