喰っちゃあいかんのか?







釣キチちゃんの・・・
「喰っちゃあいかんのか?」

釣り好き釣キチガイのサラリーマンがお送りする・・
変 食 探 訪  !
喰っちゃあいかんのか?PARTU(ここからPARTUへ行けるよ)
カテゴリー数(100)オーバーの為、PARTUを立ち上げました!



     最大規模を誇るインターネット小売販売アマゾン
  
2018年05月20日

6月前半のウグイの塩焼き

6月前半のウグイの塩焼き (7).jpg 6月前半のウグイの塩焼き (1).jpg


喰っちゃあいかんのか? へようこそ!

今日の食材は 「ウグイ」です。
コイはコイ目コイ科ウグイ属の魚。

さて、今回のウグイはウナギ釣りの外道として釣れたものです。
ちなみに、釣り人的に狙っている魚以外に釣れた魚を”外道”と言ったりしまする。

そう、おいらも外道・・・
何じゃと?

全国的に見れば非常に親しみのある魚のようで、地方名も多い。
生息範囲も広い。

このウグイ、喰う地域と喰わない地域が存在する。
高知県西部では・・・・おいらくらいしか喰わない・・・か?

いつものように、喰った事も無い連中がさも知っているかのようにのたまう。

「あんな旨うない魚喰うがか?」

で?喰った事あんの?

「あんなもん喰わんっ」

何じゃそれ?

ま、いつも通りですな。
意味不明の発言にコイツら〇能か?と思ってしまう・・・・

個人的には、あのTVで見た産卵期のお腹いっぱいに卵を持ったウグイを喰ってみたい・・・・

が、未だ集団で産卵している場面に遭遇していない。
高知県西部でそんな産卵場所はあるのだろうか?

まだまだ模索は続く・・・・

そんな中でも、高知県西部でも初夏?のウグイはなかなかおいちい。
もしかしたら他の季節もんまいのかもしんない。

で、冒頭でも記したように今回のウグイは6月初旬に釣れたものです。
なかなか大きい。

6月前半のウグイの塩焼き (1).jpg

今回も?シンプルに塩焼きにしますよ。
釣れた時の魚はどんな魚もそれなりの美しさがある。

ウグイもウロコがキラキラしててなかなかキレイなもんです。
淡水魚は鮮度が命・・・・・

海水魚も同じような?
いや、魚種にもよるか?

ちなみに、同じ魚種でも小型のモノほど鮮度落ちが早い。
と、思い込んでいる。

これは体験例も多い。

さあ、それでは早速処理していきましょう!
と、いっても翌朝です。

ま、ある程度のサイズならそれくらいは大丈夫ですな。
取り出してみると・・・・・

6月前半のウグイの塩焼き (2).jpg

あああ・・・・
あの時の美しさは一体どこへ?

ちょっとイケてない感じですな。

しかしだね、厚化粧のお姉ちゃんがノーメイクになった時ほどの衝撃は無いぞっ。

ふんっ!

まずはウロコを落とします。
この時、金タワシを使用します。

ウロコの無い頭回りも金タワシでこすっていくとキレイにヌメリも落ちますよ。

魚の調理は下処理の丁寧さがモノを言います。

6月前半のウグイの塩焼き (3).jpg

その後、エラを取り除き、内臓も抜きます。
のど?付近には咽頭歯がありますので、取り除いておきましょう。

そして、お腹の中や口内をハブラシ等で良く洗います。
極力ヌメリを残さないように頑張るっ。

世の中レシピがどうのとうるさいが、根本的な部分にはあまり触れない。

はい、キレイに?なりました。
これに塩を振ります。

6月前半のウグイの塩焼き (4).jpg

体表、頭、お腹の中、口内。
これから寝かせますからね。

基本的に食さない部分にも塩を施しておきます。
そして、冷蔵庫で寝かせます。

6月前半のウグイの塩焼き (5).jpg

で、今回は3日間寝かせました。
いや、色々あって放置していたと言っても過言では無いようなあるような・・・

寝かせる理由は過去の経験によるもの。

ある程度のサイズのウグイは肉厚である。
また、比較的タンパクな味わいである。

事前に塩を施し、身肉内に塩を馴染ませることによって味わいが向上するように感じる。

単に塩味が付くだけでなく、何かが起きている感じ?
詳細は不明だ。

キッチリ処理していれば数日寝かせても生臭くはならない。
無論、ドリップを吸収するモノは敷いておく。

はい、これが3日後の姿。

6月前半のウグイの塩焼き (6).jpg

さあ、焼いていきますよ。
焼く直前に再度軽く塩を振ります。

で、魚焼きグリルで焼きます。
強火の遠火はムリなので、近火の弱火で時間をかけて焼き上げます。

さあ、焼き上がりました!

6月前半のウグイの塩焼き (7).jpg

それでは早速・・・・
いっただっきもぁ〜す!

もんぐもんぐ・・・もんぐ・・・・
ん・・・んまいっ!

ほんとにね、おいちいのよ。
ご飯が進む味わい。

ただ、小骨がウザイ。
コイ科独特のY字状の小骨が筋肉内に埋没しています。

だから、ガツガツとは喰えませぬ・・・・

それがまことに残念である。

んごっ!


レシピブログに参加しました!
ありきたりかい?


刺身のこと知りたかったら、これを読むべし。
さしみの科学―おいしさのひみつ (ベルソーブックス)


探せば図書館にもあると思うよん。

下記↓から他の家庭料理男の料理のブログが探せます!
料理旨いもん大好きな方は必見!

カテゴリー別になっていて、好みのブログが探しやすいです。
一度ご覧になった方も、応援でクリックしていただけるとうれしいです!

にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ ←クリックしてみなっせ!

皆さんいろんなブログを作成されてます。
参考になりますよ!

本を買うならアマゾン。
中古本(マーケットプレイス)もあり、中には1円〜なども。
本屋で買う前に必ずチェックだ!!
その他の商品も充実!家電にパソコン、釣具etc 何でもあります。配送はピカイチ。
検索欄にキーワード入れてGO!出来ればプライム会員になろう。おいらは会員。

 

日本最大級のショッピングモール楽天。
安心してお買いもの出来ます。



おいらはずっとウィルスバスターを使っています。
パソコンのセキュリティに不安のある方は是非。

1本で3台まで使える  ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ

おいらの”釣行記”と”喰っちゃあいかんのか?PARTU”はこちら。
単なる釣り好きサラリーマンのイケナイ生活?? 喰っちゃあいかんのか?PARTU
その他
アカメ釣り入門 ヒラスズキ 釣り入門.jp
シーバスの釣り方入門 カサゴ 釣り入門

0スポンサードリンク


【喰っちゃあいかんのか?:ウグイの最新記事】
posted by 釣キチちゃん at 10:58 | Comment(0) | 喰っちゃあいかんのか?:ウグイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
アウトドア&フィッシング ナチュラム アウトドア&フィッシング ナチュラム